【中級者向け】Web制作・サイト運営の独学におすすめな本10選【定期更新】

中級者向けおすすめ本【Web制作・サイト運営】
平均読了時間→ < 1

この記事では、独学でWebサイトの制作〜公開までを経験した方に、そのスキルをしっかりと「稼げる力」へと昇華させるための本を10冊ご紹介します。

Web制作・サイト運営の独学におすすめな本 一覧

「独学でWebサイトを制作〜公開するまでは経験できたけど、このあとどうすればいいですか?」

こう悩まれる方は多いです。

そこでこの記事では、ここまで独学でがんばってこられた方に向けて、そのスキルをしっかりと「稼げる力」へと昇華させるための知識を身につけることを目的に、役立つ書籍をご紹介します。

焦らず、しかしテンポよく、しっかり学んでもらえたら幸いです。

Web制作
  • この一冊で全部わかるWeb技術の基本
  • この一冊で全部わかるWeb制作と運用の基本
  • この一冊で全部わかるサーバーの基本
Webデザイン
  • ノンデザイナーでもわかる UX+理論で作るWebデザイン
  • インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針
Webディレクション
  • Webディレクションの新・標準ルール 現場の効率をアップする最新ワークフローとマネジメント
  • 担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座 
Webサイト運営
  • 現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】
  • 「やりたいこと」からパッと引ける Googleアナリティクス分析・改善のすべてがわかる本 改訂版
  • ウェブ分析レポーティング講座

Web制作

この一冊で全部わかるWeb技術の基本

この一冊で全部わかるサーバーの基本

この一冊で全部わかるWeb制作と運用の基本

一般的には「初心者向け」な3冊ですが、恐らく完全独学でWeb制作を学んでる多くの方にとっては「わけわからん内容」だと思います。

だからこそ、Web制作の基本スキルを身につけて、中級者となった段階でおすすめします。

Webがどんな仕組みで成り立っているのか?

サーバーとは何なのか?

Webサイトの成功とはどこのことなのか?

ここをしっかり理解することが、フリーランスとしてWeb制作を行う上でとても重要な知識となります。

しっかり読んでおきましょう。

Webデザイン

ノンデザイナーでもわかる UX+理論で作るWebデザイン

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針

初級編の記事にも書いたとおり、デザインはアートではありません。

これまでの歴史の中で体系付けられてきたロジックがあり、これを学ぶことで数多の状況に適したデザインを判断し、制作することができるようになります。

いくつものデザインカンプをコーディングしてきたかたこそ、今ならそのロジックも理解できるはず。

『インタフェースデザインの心理学』は何度も読み返したくなる名著です。

Webディレクション

Webディレクションの新・標準ルール 現場の効率をアップする最新ワークフローとマネジメント

担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座 

複数の案件をこなすようになってくると、自然と関わる人物も増えてくるものです。

特に自分で獲得した案件を、周りの人たちと協力しながらこなすようになってくると、その管理手法も大切になってきます。

社会人として組織の運営経験がない場合、ここで大いに悩むことになりますが、そんなときの判断基準として参考になるのが上記の2冊。

「成功」の定義は仕事や環境によって様々ですが、「失敗」と呼べる状況はそれなりに限定できるはずです。

よって、まずはその「失敗」を最大限回避・抑止するための戦略・準備の方法を学びましょう。

Webサイト運営

現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】

「やりたいこと」からパッと引ける Googleアナリティクス分析・改善のすべてがわかる本 改訂版

ウェブ分析レポーティング講座

created by Rinker
¥2,860 (2022/05/22 04:07:55時点 Amazon調べ-詳細)

無事にホームページを納品したけど、そのサイトが役に立っているのかわからない。

そんな悩みが生まれるのも、中級者ならでは。

まずは『現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】』で分析方法の基本を学びましょう。

そのうえで、GAの使い方を『「やりたいこと」からパッと引ける Googleアナリティクス分析・改善のすべてがわかる本 改訂版』で学び、そこで得られたデータを元に分析を行います。

分析結果は、クライアントにとってわかりやすい形になるようにレポートにまとめる必要がありますが、そのときに役立つのが『ウェブ分析レポーティング講座』。

この3冊を書いた小川卓さんは、本当に偉大すぎる。

おすすめの関連記事