【Web制作】営業をはじめる前に考えてほしいこと

【Web制作】営業をはじめる前に考えてほしいこと
平均読了時間→ 2

どれくらい勉強すれば営業できるんだろう?

今回は、サロンやメンターをやっていると初心者の方から必ずいただくこの質問にお答えいます。

営業に踏み切るたったのひとつの基準

Online page-bro (1)

ズバリ答えから書きます。

初心者の方が営業に踏み切るべきタイミング。

それは、「お客様と約束できることができたとき」です。

これは副業でもフリーランスでも共通して言えます。

お話を伺うと、「事業サイトの構成」「ターゲット選定」「営業手法」「営業量」などを気にされてる方が多いです。

もちろん全部大切ですが、それらよりももっと大切なことが「お客様と何を約束できるのか?」。

ここが明確じゃない場合や、約束できることがほぼない場合は、誰に何を提案しても無駄なんです。

客観的に考えたらみなさんも「当たり前」と思うはずですが、いざ自分のこととなると見失うから恐ろしい。

大切なことなのでもう一度言いますが、副業でもフリーランスでも、営業をはじめる前に考えておくべき一番大切なことは「お客様と約束できること」です。

約束できることができたら

Profile data-bro

「コーディングだけは任せてください!」とか「若い女性向けのLPデザインが得意です!」などといった約束できることさえあれば、0→1はそんなに難しくありません。

0→1というくらいなので、最初に目指すべき客数は1人でいいわけです。

いきなり無理してSNSマーケティングを頑張る必要はないですし、Web広告をまわす必要もありません。

あなたの身近にいる人の中から約束できる人を探す。

これが最初の営業です。

身の周りに候補がいないならココナラやサロンメンバーに声を掛けるのも大いに結構ですが、いずれにしても0→1って約束できる相手をひとり見つければいいだけなので、案外そこまで難しくはないんです。

0→1が難しいなら、それはやはり約束の内容を見直すチャンスですね。

みなさんは営業相手になにを約束できますか?

その約束は100%守れるものですか?

営業に踏み出すべきか悩んでる方や、営業が上手くいかなくて困ってる方は、ぜひともここを考えてみてください。

0→1を達成したあとにやること

Demo-bro

0→1を達成したら、まずはその1人のために全力で仕事をすることになります。

で、普通はそこで信頼関係が築けるので、そうなればそこから継続してお仕事を任せてもらえるように頑張るわけです。

これは案件獲得ロードマップなどでも書いてることですが、案外ここで頑張れなくて仕事が単発で終わる方も多いので要注意です。

もちろんお客様との相性もありますし、明らかに価格だけで受注した場合などはリピートが難しいとは思います。

なので、最初に営業するとき、もっと言うとお客様と約束する内容は「価格」ではなく「サービスの質」であるべきだと思います。

これはブログ内やBrainや営業応援サロンでもしつこく話していることですが、はじめから「安さ」を売りにしてしまうと、そこから値上げするのは至難の業です。

お客様目線で考えても、「安いから」という理由で選んだ相手が値上げしてきたら「話が違うじゃないか」となりますよね。

これから営業される方、営業が上手くいかなくて困っている方は、ぜひこの点も考えてみてください。

おわりに

Study abroad-bro

ということで、今回は「営業をはじめる前に考えてほしいこと」について書きました。

とても単純な話でしたが、かなり本質的な内容でもあったと思います。

ぜひこれから営業を検討している方、ご自分のポートフォリオや事業サイトの構成を考えている方は、お客様と約束できることは何か?どうして約束できるのか?を文章にしてみてください。

それでは、また。

この他のおすすめ記事

この記事が独学をがんばる皆さんのお役に立てたらうれしいです。

独学応援メンターのバナー