【完全版】独学中ならブログも書こう【読まれるブログの始め方】

読まれるブログの始め方 - メイン画像ブログ

ブログで稼げるって言うけど、どうすればいいのか分からない…

勉強過程をブログで発信したいけど、どうしてもただの日記になっちゃいます…

今回はこんなお悩みに答えていきます。

本記事の内容

▶独学者がブログをはじめるメリット

▶「読まれるブログ」とは

▶ブログを始めるために必要なモノ・コト

▶収益化のコツ

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は2020年2月11日からプログラミングの学習をはじめ、4月にはSEOの勉強と独学のアウトプットを兼ねてブログを開設。

WEB系フリーランスとしての活動を通じて学んだことを記事にし続け、他の独学者にとって最新のロードマップとなるブログを運営中。

10月には、Twitterのフォロワー1000人突破を機に「独学者応援企画」を始動。

独学方法に悩む人や、案件を獲得できずに困っている人の質問に無限に答えて応援しています。

独学の神=読書猿さんが著書『独学大全』を出版されるにあたり、ご自身のブログにこう書かれていました。

誰にも見張られず進捗を管理されない独学は、ほとんどの場合、途中で挫折します。

https://readingmonkey.blog.fc2.com/blog-entry-800.html

どんなにメンタル最強の人でも、延々と誰にも頼らず黙々と自分ひとりで勉強し続けるなんてとても困難ですし、そもそも勉強方法として効率がよろしくありません。

だからこそ思うのです。

独学者こそブログを書くべき。

あなたが今なにかに一生懸命取り組んでいるのであれば、迷わずブログにそのことを書き残してください。

あなたが辿ったその努力の跡が形になって残ることで、あなたの信頼度を高めるだけでなく、多くの人を勇気づけるロードマップとなり、仲間と繋がり、これから先ずっと読まれるコンテンツになり、収益化もできる大きな可能性があります。

同時に、現代社会で生き残るために必要な4つのスキルを身につけられる上に、多くの人とつながることで自分の視野が広がることもブログの魅力です。

ただし、なんの準備もなしにいきなり書き始めれば、90%以上の確率で失敗するのも事実…

そこで今回は、僕がWEB制作の独学中に書き始め、50件以上の有料noteやブログ、YouTubeで勉強してきた結果、おかげさまで毎日多くの方に読まれるようになった当ブログの運営を通じて学んだことを元に、これを読んだあなたが、独学を継続するためにブログを書き、結果的にそれが「読まれるブログ」になることを目指し、必要なことを書き残していきます。

最後まで読んでいただき、わからないことは僕に質問してもらい、実際にブログをはじめてもらえると本当に嬉しいです。

この記事は6000字超えの長文です。

一気にすべてを理解しようとするのは大変ですから、ブラウザのブックマークやFeedlyなどの「あとで読む」に登録し、あなたにとって必要な部分から順番に読まれることをオススメします。

また、最後まで読んでみて「いい記事だったな」と思ってもらえたら、コメントやTwitterでの拡散をお願いします。役立つことはみんなで共有していきましょう。

ブログを始めよう ~いきなり書き始めたら失敗します~

Illustration by Freepik Stories

独学者がブログを始めるメリット

結論:ブログを書くことはメリットしかない。

パッと思いつくだけでもこれくらいは出てきます。

▶勉強してきたことを整理できる(アウトプット先として最高)

▶その結果、論理的に考えられる力が鍛えられる

▶ライティング・スキルも鍛えられる

▶WEBマーケティングのスキルが伸びる

▶アフィリエイトのリンクを正しく貼ることでブログを資産に出来る(勝手に稼げる)

▶管理人を名乗れることで若干の権威性が生まれる(Twitterでフォロワーを増やしやすくなる)

▶自分の経験を共有することで新たな人脈を作れる

▶ブログを読んでくれた誰かの役に立てる

これ全部、僕がこの半年間に経験したことでもあり、多くのブログで先駆者のみなさんが語られていることでもありますが、世の中の大半の方が胡散臭いと感じていることでもありますね。

ただどんなに胡散臭がれようとも、これだけは言えます。

ブログを始めた人は得してる。

決してブログを書いていない人が損してるとは思いませんが、一方でブログを書いている人は間違いなく得してます。

だって、ブログを始めたからといって失うものは何もない上に、上記のようなメリットをもらい放題なんですよ? しかも、全部タダですからね。

特に「論理的思考力」「ライティング・スキル」「WEBマーケティング力」「ITリテラシー」といった現代社会で生き残るために必要な4つの能力を同時に鍛えられるというのは、控えめに言って超お得だと思いませんか?

読まれるブログとは

とはいえ、適当に書いて読まれるわけがありません。

「独学したことをアウトプットする」という観点から言えば、論理的にまとめて当然ですしね。

それでは「読まれるブログ」とは?

ブログを書き始める前に必要なことを考えました。

▶明確なターゲット設定(誰の役に立ちたいのか?)

▶あなた自身の立ち位置も明確化(時代は「何を学びたいか→誰から学びたいか」へ)

▶キーワード選定のついでに多くのブログを読みあさる

▶Twitterをフル活用する

明確なターゲット設定

まさかとは思いますが、「ブログ=日記」という考え方をお持ちなら今すぐ捨てましょう。

あなたが書くべきは「日記」ではなく「航海日誌」です。

もうすでにあなたが多くのファンに支えられているなら、他愛もない日記ですら日々読まれ続けますが、そうだとすれば絶対に必要ないので今すぐこの記事を読むのをやめてください(笑)

あなたが有名人ではなくて、明日を夢見る僕たち側の人間なのであれば、あなたが書くべきブログは日記ではありません。

徹底的に「誰の役に立ちたいのか?」という目線でブログ全体の方向性を定め、そのために必要なジャンルとキーワードを思いつくかぎり書き出していきましょう。

「ペルソナ設定」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、最初にやるべきことはまさにそれです。

とはいえ、いきなり「〇〇に関心がある20代独身男性・趣味は△△で将来は□□を希望している」なんて設定は出てきませんよね。

僕も初期に相当悩みましたが、そんなときにこんなツイートに出会いました。

だいぶ気楽になれませんか?

僕はこれを読んで、自分と同じように「WEB制作で稼ぐんだ!」と一生懸命になってる誰かに向けて書くことにしました。

この他にも「10年前の自分に向けて書く」という考え方もあります。

これも非常に有効で、僕の場合は「高卒で将来に不安を抱えている誰か」に向けた記事を書くときに、高卒当時の自分に教えるような書き方をしています。

meganelogの前に書いていたブログに、投稿から何年もたった今なお検索上位に上がり続けている記事があるのですが、僕はその記事から「誰に向けて書くのか」をハッキリさせることの大切さを学びました。

実績を作って自分のキャラ作りを

僕も尊敬するWEBマーケターのひとり=原祐太さんも言ってましたが、これからは「何を学びたいか」から「誰から学びたいか」という傾向が強くなると思います。

SNSやYouTubeで個人の発信が当たり前になった時代ですから、考えてみれば当然ですよね。

ということはつまり、あなたも「何者なのか?」をハッキリさせて、WEB上での自分のキャラを立たせておく必要があります。

たとえ極めてニッチなジャンルでも問題ないので、「〇〇について困ったら、△△さんのブログで調べてみよう」と思ってもらえる最強のポジションを確保できることが重要です。

そのために必要なのが「実績作り」。

「独学2週間で初案件獲得」とか「SNSを通じて10人の方を独学方法や案件獲得のコツをレクチャー」などといった小さなものでも構いません。(ふたつとも過去に僕が使っていたものです)

「〇〇といえば△△さん」というあなたのキャラ作りを目指しましょう。

読まれるブログの書き方を学ぶ

「キーワード選定」は読まれるブログを書く上で必須です。

内容が良くても、検索で引っかからないようではもったいないですからね。

最近で言えば、ラッコキーワードで書きたいテーマについて検索して、出てきた結果をGoogleキーワードプランナーにコピペして、検索ボリュームを確認します。

そのときに、あなたが「これなら書けそうだな」と思えるキーワードを選んで、ググって、出てきたサイトがあなたにとっての競合サイトです。それを読みまくって学びましょう。

読みまくるときの注目ポイントはこちら。

▶どんな人に向けて書いてるのか

▶どんな人が書いてるのか

▶どんな順番で書いてるのか

▶どんな記事につながっているのか

この辺りに注目しながら検索上位の記事を読みあさり、パターンを掴んでいくことが大切です。

特に「どんな人に向けて書いてるのか」の部分は勉強になることが多いです。

ひとつのキーワードに対して、どこまで深堀りすべきなのかがよく分かると思いますよ。

Twitterを活用するのは当たり前

いざキーワード選定をして説得力ある記事を書いたとしても、読んでもらえなければ、書いてないのと同じです。

はじめのうちは検索にも引っかかりませんので、Twitterで拡散するのは絶対です。

特に自分の名刺代わりになる記事については、固定ツイートにリンクを貼ってください。

それだけでも、訪問者は確実に増えるんです。

また、Twitterでの交流から新たな出会いや気づきが生まれ、新たな記事のネタを思いつくこともしばしば。

本当にTwitter様様です。

上位19%といわれる「フォロワー1000人以上」を達成してみると、これまた閲覧数は増えますよ。

ブログを始めるために必要なモノ・コト

Illustration by Freepik Stories

ここまででブログを始めるにあたって必要な心構えを中心に解説してきましたが、ここからはブログを始めるために必要なモノ・コトを解説していきます。

必要なのはこちらの3つ。

▶仕組みを知る

▶ブログ設置

▶ASP登録

順番に解説していきます。

仕組みを知る

ブログがどのように存在しているかというとこんな感じです。

「家(ブログ)」を建てるためには、「土地(サーバー)」と「住所(ドメイン)」が絶対に必要です。

ということで、順番に用意していきましょう。

サーバー

おすすめはこちら。

有名どころの3社を挙げましたが、正直なとこエックスサーバー一択です。

これはWEB製作者目線も入りますが、どんな制作会社もだいたいエックサーバーを使ってるんですね。

肌感覚では90%以上がエックスサーバーです。

となると、それの使い方に慣れておくだけで、仕事での不安がなくなるわけです。

もちろん価格の面で他を検討するのもありですが、「サーバーの安定感」も一番優秀ですし、有名ブロガーから企業のコーポレートサイトまで、多くの個人・法人が利用していることで、何か分からなことがあってもググれば無数に記事が出てくるのもエックスサーバーならでは。

僕自身、一番最初に安さでロリポップ!を選びましたが、色々仕事をしていく中で「完全に間違えたな」と激しく反省しました。

ドメイン

土地(サーバー)を決めたら、今度は住所ですね。

お名前.com一択です(笑)

ムームーなどの他社も存在しますが、エックスサーバーとの連携含め、一番使いやすくて間違いないのがお名前.com。

ここは答えが明確な分、悩んでる時間がもったいないので、迷ったら無駄です。

クライアント様にドメインの取得方法を説明するときにも、ネット上に解説記事があふれているお名前.comの解説記事で説明するのが楽だったりもしますよ(笑)

ブログ設置

土地に住所を振り分けたら、いよいよそこにマイホームを建てましょう。

世の中には色んなブログサービスが存在していますが、これはWordPress一択です。

それこそ日記を書きたいならアメブロでも十分ですが、ブログを通じて多くを学び、多くの方々とつながり、稼ぎ、自分の資産といえるものを築きたいのであれば、WordPressしか考えられません。

アメブロで書いた記事はアメブロのものですが、WordPressであなたが作ったブログはあなたのものですからね。

せっかくブログを始めるなら、しっかり自分のものといえるサイトを作りたいじゃないですか。

また、WordPressではテーマといってブログのデザインを気軽に着せ替えることができます。

テーマも膨大は種類があるので、初心者はどれを選ぶべき判断できないわけですが、テーマによってその後の検索順位や収益率が大きく左右されるほど大切な選択です。

ここでは、「デザイン性」「SEO対策の充実度」「収益実績」の観点から、以下の3つをおすすめします。

AFFINGER5:業界最強と称されるアフィリエイト特化型テーマ

賢威:SEO最適化が図られた超有名テーマ

THE THOR:優れたデザインとSEO対策で知られる収益向上テーマ

どれも多くの人気ブログや企業サイトで採用されているテーマなので、間違っても損することはありません。

ある程度投資できる方は、はじめから上記のような有料テンプレートを使用して、ブログ公開前から完全武装しておくべきです。

優秀なテーマを選ぶことも、「読まれるブログ」を作る上でとても重要な要素ですよ。

ただし、どうしても節約したい方には「有料級の無料テンプレート」ことCocoonがあるのでご安心を。

ASP登録

いわゆるアフィリエイトサイトの登録です。

登録は無料なので、暇なときにでも登録しておきましょう。

登録すべき主要なものを挙げておきますね。

広告の選び方はのちほど説明しますが、この段階ではひととおり登録しておき、どんな広告が選べるのかをチェックしておくことが大切です。

広告によっては申請が受理されるまで数日掛かるものもありますから、気になるものはとりあえず早めに申請ボタンを押しておきましょう。

収益化のコツ

Illustration by Freepik Stories

ここまで準備できたらいつでもブログを書けますが、その前にもう少しだけ準備しましょう。

ここからはブログを収益化していくために必要な「検索エンジン最適化(SEO対策)」と「分析ツール」のおはなしです。

SEO対策をしよう

どんなに有益な記事を書いても、読んでもらえなければ意味がありません。

ということで、SEO対策をしましょう。

SEO対策とは、あなたが書いた記事が検索上位に上がってくるようにするための準備です。

まずは検索上位がどのように決まるのかを知り、その上で必要な対策を考えていきましょう。

Googleアナリティクスを導入しよう

まずはアナリティクス。

これを導入することで、こんなことなどを詳しく分析できるようになります。

▶どれくらい読まれているのか?

▶いつ読まれているのか?

▶どこからアクセスされているのか?

自信作の記事より、軽い気持ちで書いた記事の方が読まれることもありますが、そんなときも原因をしっかり見極め、改善につなげられるのがアナリティクスの導入目的です。

サーチコンソールを導入しよう

通称「サチコさん」を導入することで、こんな情報を集められます。

▶どんなキーワード検索で自分の記事が表示されているのか

▶どれくらいクリックされているのか

意外な検索ワードで表示されていたり、自分の期待していた検索ワードに引っかかっていないことなどを確認できることで、記事の最適な書き直し方法を判断できるようになりますよ。

アドセンスに応募してみよう

Googleの広告を表示させるために必要なGoogleアドセンス。

ユーザーごとに最適な広告を表示させることでクリック率が高まる仕組みですが、いきなり申請しても却下されます…

10記事くらい書いたタイミングで申請してみましょう。

無事に申請が通ると、「どこに広告を表示させるか」という問題に直面することになりますが、これは「サイドバーの最上段」と「記事直下」の2箇所でいいです。

貼りすぎるとブログが読みづらくなりますし、自動広告をオンにするとさらに余計な箇所に広告が表示されて読みづらくなるので、「邪魔にならないこと」と「クリックしやすこと」を念頭におくと、この2箇所が正解です。

「広告をクリックさせてやる」という下心が見えると、読者は一気に冷めてしまいますから、どんなときも読者目線を忘れずに、読みやすいブログ運営を意識しましょう。

ASPの高単価案件を探してみよう

各ASPに登録したら、今度は自分が書きたいジャンルに合うものの中から、できるだけ高単価な広告を探してください。

というのも、1円の広告から利益を出すのと、1000円の広告から利益を出すのでは、必要な労力はほぼ同じなんです。

当たり前ですが、1円の広告は10回売れても10円ですが、1000円の広告なら10,000円ですよね?

つまり、そういうことです。(笑)

まとめ

Illustration by Freepik Stories

ということで、今回は「独学者こそブログを書こう」というテーマで解説しました。

「ブログはオワコンだ」などと言われて久しいですが、結局は使い方次第です。

いつの時代も、必要とされる情報には価値があり、どんな形であれ読まれるのです。

冒頭でも書いたとおり、ブログを書いていない人が損しているとは思いませんが、ブログを書いている人は間違いなく得してます。

「パソコン」と「ネット環境」さえあれば、誰でも少ない投資ではじめられるものですから、リスクも少ないですし、努力する価値は大いにあると断言できます。

どうです? ブログを書き始めたくなりましたか?

※この記事を読んでくださったあなたは無料でいつでも僕に質問できます。

ブログの始め方はもちろん、WEB制作の独学方法や案件獲得に向けた提案の仕方など、僕が答えられることはいくらでもお答えします。

ブログのコメント欄かTwitterのDMからご連絡ください。

よろしくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました