独学応援サロン2.0
平均読了時間→ < 1

はじめに

サロンの起ち上げから約9ヶ月。

気がつけば(幽霊部員含め)290人以上が集まってくれた当サロンですが、僕は本気でこの290人全員にWEB制作で稼げるようになってほしいと考えています。

だからこそ、「そのために僕に何ができるのか?」をサロン立ち上げから今日までずっと考えてきました。

もちろん、人によってめがねんが必要だったり不要だったりすると思うので泣、両者の気持ちを考えながら色んなケースを考えましたし、codolifeやZONEの動きをみていて、今の自分にはあそこまでみんなをサポートできないと諦めていたのも事実です。

しかし、せっかくのポテンシャルを活かせずにいる仲間たちを見ていて、批判や嫌われることを覚悟でしっかりと導いていかないと、このサロンを作った意味がないという結論に至りました。

そこで、独学応援サロンは次のステップに進みます。

僕に提供できるすべてをお伝えし、参加してくれる仲間たちを次のステップへと連れて行きます。

そのために、独学応援サロンとして参加者の営業支援を行う有料のサービスを展開することにしました。

「独学応援サロン2.0」です。

ここまで積み上げてきたものの上に立ち、みんなで高みを目指していきましょう!

企画概要

参加者全員が個人でもチームでも仕事を獲得できる人になってもらうために、僕のスキルとノウハウを全部お伝えしていきます。

そこで、第一期となる今回では「4名のみ」の募集とさせていただき、その4人でひとつのチームを作り行動をともにしていただきます。

4人それぞれに日常の生活があり、その中でどれだけの時間を割けるのか?など、多くの不確定要素があるため初回は4名のみとしておりますが、その分この4人にフルコミットさせていただくことで得られるノウハウを、次回以降に参加してくださる方々に活かすことで本企画はさらにアップデートしていく予定ですから、今回参加できない方には次回以降にご期待いただければと思います。

活動内容

チームのPMとしてめがねんが加わり、合計5名のチームとして活動します。

めがねんがPMとして各案件に関わる上に(たまに厳しいこと言いますw)、以下の9点を中心にサポートしていきます。

サポートポイント
  1. 営業先の選び方
  2. 営業先別の話の聞き方、提案の仕方
  3. クライアント別の連絡方法
  4. クレーム対応の仕方
  5. 仕事の分担方法
  6. お金の管理方法
  7. ディレクションのやり方
  8. デザイナーとして提案すべきこと
  9. コーダーとして配慮すべきこと

副業を副業で終わらせず、実務経験がなくても社会の役に立てるWEB制作ができるチームへと進化させます。

また、チーム結成後はサロンのSlack内に専用のチャンネルを設け、日々の進捗状況を良いことも悪いことも共有していきます。

その中で、失敗から生まれた好事例にはその都度ぼくから細やかなプレゼントを用意する予定ですので、とにかくどんなことも胸を張って共有してもらいたいと思います。(有料化するとこういうことができるんですよね🐶)

選考フロー

流れは以下のとおりです。

CHECK!
  1. 募集(1週間)
  2. ポジション別に2名ずつ選考~面談(Zoom/メッセージ)
  3. 最終選考
  4. チーム結成

応募基準

  1. 独学応援サロンのメンバーである方
  2. 責任感と行動力のある方
  3. 実績を提示できる方

特にこの中でも、定量的な評価が難しい②はとても重視します。

基本的に全員で営業していくことになりますので、「誰かが仕事を取ってきてくれるだろう」などと他力本願になられてしまうと困るためです。

「仕事を取りに行かない」のと「仕事が取れない」のは全く違います。

前者はどうやっても成功しませんが、後者はこの企画で化ける可能性があります。

毎日目標に向かって走り出せる方のご応募をお待ちしています。

応募方法

このページの最後にある応募フォームよりご応募ください。

応募時にお伺いするのは、以下の7点です。

CHECK!
  1. お名前(本名)
  2. 希望するポジション
  3. ポートフォリオ もしくは、制作実績(実案件未経験者であれば、模写などでも可)
  4. 平均稼働時間/週
  5. 希望する面談方法
  6. 応募理由
  7. 応募確認メールの送信先アドレス

参加費用

選考を通った方々は、僕が責任を持って3ヶ月間直接サポートします。

参加費は1人あたり月額4,980円×3ヶ月。

後日、MENTAにて上記の内容のプランを立ち上げますので、そちらからお申し込みいただきます。

また、4ヶ月目以降のサポートはありませんので、それ以降の月額費用は1円も発生いたしません。

ただし、このサポート期間が終わったあともチームとしては引き続き活動してもらえると嬉しいですし、せっかくなら僕もチームの仲間として共に末長く活動できるとさらに嬉しいです。

当たり前ですが、一緒に働いたことがある仲間だからこそ信頼できるでしょうし、僕としてもそれぞれの実力を知っているからこそ安心してお仕事をお願いできるようになると思います。

ちなみに、チームで獲得した案件には必ずPMとして参加するめがねんですが、そんな僕のPM報酬は「総額の5%」とします。

要は、みなさんをチームを成長させればさせるほど自分もしっかり稼げるし、そうでなければ誰よりも低賃金で働くというわけです一番がんばります。

余談

他のコミュニティの半額以下で実施できる理由はお察しのとおりで、「動画教材などを購入する必要がないから」です。

某企画は参加費が10万円で、一度参加すれば営業方法を動画で学べるそうですが、独学応援サロン2.0の第一期にはそのようなコンテンツの準備はありません。

ただ、正直なところサロンメンバーの中で営業の様子を撮影・編集してコンテンツ化できる方がいたら、ぜひ協力していただきたいと思います。

そうなれば、それを第二期以降の方の動画教材を用意することもできますし、第二期以降の充実度を向上させるためにこの「独学応援サロン2.0」を一緒に運営することもできますよね。

いずれにしても、独学応援サロンは相変わらずみなさんと一緒に盛り上げていくサロンですので、それは「2.0」になっても変わりません。

参加すればするだけ旨味のあるサロンでないと、色々と意味がないですもんね。

Q&A

サロンメンバーからいただいた質問をまとめておきます。

ご参考くださいませ。

そうです。役職に限らず、全員が各々のスタイルで営業をしていきます。クラウドワークスにしろ、ココナラにしろ、テレアポにしろ、飛び込みにしろ、それぞれができる範囲で案件を取りにいくからこそ案件獲得の確率が上がりますし、そこにチームで動く意味があると思います。ポジション問わず、営業活動は毎日・毎週の通常業務だと思うので、案件が溢れて対応しきれない状態になるまでは営業し続けるものだと思っています。

基本的にありません。営業専門のなった方は、文字とおり営業にだけ専念することになります。営業先へのアプローチや契約後のクライアントのコミュニケーションなど、制作以外で活躍いただく予定です。

営業先や営業方法は人それぞれ適正があると思うので、僕からアドバイスしつつ、最終的にはチーム内で話し合ってそれぞれ行動していただくことになります。

応募フォーム

ということで、参加をご規模される方は以下のフォームからご記入ください。

ご応募、お待ちしております。

平均読了時間→ < 1
お名前
希望ポジション
ポートフォリオ or
制作実績
ポートフォリオや成果物のURL、ファイルのアップロードをお願いします。
平均稼働時間/週
希望する面談方法
応募理由
応募確認メールの送信先アドレス
予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。