【WEB制作】僕が1000時間の独学中に読んだ本 まとめ

【WEB制作】僕が1000時間の独学中に読んだ本 まとめWEB制作
この記事は約10分で読めます。

結局のところ、WEB制作を勉強するならどの本を読めばいいんですか?

今回はこんな疑問に答えていきます。

この記事の内容

▶コーディングを勉強するために読んだ本 4冊

▶デザインを勉強するために読んだ本 1冊

▶マーケティングを勉強するために読んだ本 2冊

▶営業を勉強するために読んだ本 1冊

この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、2020年2月11日からWEB制作の独学をはじめ、4月にSEOの勉強と独学のアウトプットを兼ねてブログを開設。

紆余曲折を経て、一年後にはWEB制作で100万円以上稼げてました。

当ブログでは、高卒サラリーマンが毎月20万円以上の副業収入を得られるようになるまでに取り組んだことやその方法、他の独学者でも確実にマネできる情報を発信中。

また、2021年1月には独学応援サロンを起ち上げ。

全国の孤独に独学に励む方々をつなぎ合わせ、みんなで情報を交換し、ときには勉強や案件を助け合いながら、それぞれの目標を達成できる場所として、日々仲間を増やし続けています。

「勉強してみたいけど、どの本を買えばいいかわからない…」

こう思ったことはありませんか?

僕自身、2月に勉強をはじめたときにそう考えて、Amazonレビューを隈なくチェックしましたが、結局のところ、本の良し悪しなんて十人十色なわけです。

そこで今回は、僕と同じように「独学でWEB制作を勉強したい人」に向けて、僕が実際に読んで役に立ったと実感した本を厳選してご紹介していきます。

ちなみに、今回の厳選基準は以下のとおり。

★初心者目線であること

★実案件でも役立つ知識が載っていること

★知りたいことだけをかい摘んで読んでも理解しやすいこと

上記を基準に、WEB制作で稼げるようになるために必要なスキルを、「コーディング」「デザイン」「マーケティング」「営業」の4つに分類して、それぞれで役に立った本を挙げていきます。

一冊でもあなたのお役に立てたら幸いです。

【WEB制作】コーディングを勉強するために読んだ本 4冊

Illustration by Freepik Storyset

【HTML&CSS】1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

この本を読むだけで、初心者を卒業できます。

というのも、CSSを学ぶ上で最初に目指すべき姿は「どんな要素でも置きたい位置に置けるようになること」ですが、この本にはProgateでは学べないより実践的な方法までしっかり載っているからです。

FlexboxやCSS Gridを駆使して、まずは静的サイトを自由自在に作れるようになりましょう。

Amazonでも「WEB制作」の関連書籍の中では常にトップ(だいたい1位)というベストセラー本ですが、それだけ売れているのは圧倒的なわかりやすさ初心者を次のレベルへと導いてくれる確かな情報が載っているから。

僕はProgateでHTML&CSSを勉強したあとに、この本読みながらサンプルサイトを作ったことが、現在のWEB制作の仕事の確かな礎となりました。

他にも人気な本はありますが、この本は徹底的に初心者目線で書かれていることもあり、挫折しにくい構成になっています。

あなたがまだProgateレベルの初心者なら、まずはこれさえ読んでおけば間違いありません。

【jQuery】jQuery最高の教科書

スライダーとかポップアップとか、今やどんなサイトにも実装されてて当たり前ですよね?

実案件ではWordPressのプラグインで賄うことも多いですが、出来るかぎりプラグインを使わない方が良かったりもしますし、そもそもの構造を大まかにでも理解できていないと、いざ不具合が発生したときに頭が真っ白になります(僕はなりました)。

そこで本の出番です。

ここでは、「各ライブラリをいじって、いま作りたいサイトに適応させられるようになること」を目指しましょう。

自分でプログラミングを組んで、あれこれ作れるようになれれば凄いですが、そもそもネット上には便利なライブラリが溢れています。

そのため、特に初心者は、すでに完成されているライブラリをいじれるようになることから勉強するのが効率的です。

jQuery最高の教科書』には、動的サイトを作る上で絶対に必要な「jQueryの基礎知識」、「JavaScriptの基本」、「jQueryを使用した様々なライブラリのサンプルの構造解説」などを経て、誰でもjQueryを扱えるようになれる説明が、あくまでも初心者目線で書かれています。

この本を読むことで、「スライダー」や「ギャラリー」といった定番のライブラリを、誰でも簡単に実装できるようになりますよ。

ただ唯一難点があるとすれば、本のサイズが大きいこと。

僕はこの本で勉強するために書見台も買いました(笑)

created by Rinker
¥2,838(2021/02/26 10:41:25時点 Amazon調べ-詳細)

【WordPress】世界一わかりやすいWordPress導入とサイト制作の教科書

WEBサイトって世界に何個あるか知ってますか?

答えは約16億個。

そのうち、約40%はWordPressで作られているらしいです。

多すぎませんか?(笑)

これだけシェアを奪われると他のCMSも太刀打ちできないわけですが、WEB制作初心者としてはWordPressにフルコミットすることで、飛躍的に案件の獲得率が上がるわけです。

ということで、わかりやすいWordPressの解説本を読みましょう。

この「世界一わかりやすいWordPress導入とサイト制作の教科書」は、「そもそもCMSとは?」からはじまり、最終的にはWordPressで企業サイトが作れるくらいの実力がこの一冊で養えるという非常に有益な一冊。

クリエイターとして、プロをめざしたい人が最初に読む本」というキャッチフレーズは本物です。

ちなみに、僕がこの本を読んだのは実案件を3件ほど納品したあとでした。

それでも、「テーマカスタマイザーの実装」や「セキュリティ」に関しては学ぶことが多く、「はじめからこの本に出会っていたら、もっと完成度の高いサイトを納品できたのに」と悔やんだのでした…

【CSS】CSS設計完全ガイド

CSSはどうやって書いてますか?

我流で書いても構いませんが、納品後の保守・運用を他の人に委ねるのであれば、誰が読んでもわかる書き方でないと、多大な迷惑を掛けるにことになります。

そんなときに役立つのがこの本。

Progateでは明らかに意図的にスルーされているCSSの書き方のバリエーションを、その成り立ちから紐解きつつ、徹底解説した上で、レイアウトやボタンなどの実践的なコードを紹介しているのですが、これが超有益。

なんと、そのまんま実案件で使えます(笑)

僕はこの部分があまりにも有益すぎて、気がついたら徹夜して読みふけったわけですが、今ではこの本から学んだ知識でしっかり稼がせていただいてますから、その素晴らしさをひとりでも多くの初心者に伝えたいと思い、ここで紹介させていただきました。

【WEB制作】デザインを勉強するために読んだ本 1冊

Illustration by Freepik Storyset

【デザイン】Webデザイン良質見本帳

まだ「デザインはセンス」だと思ってませんか?

まったくの間違いではありませんが、そのセンスは知識と経験で成り立っているものですから、勉強して、たくさんデザインすれば、誰でも磨けるものです。

WEBデザインも同じ。

UI/UXの勉強はもちろん、心理学とかWEBマーケティングの知識も必要になってきます。

そこで最初に基礎の基礎を学ぶために役立つのが、この「Webデザイン良質見本帳 目的別に探せて、すぐに使えるアイデア集」。

「WEBデザインの基礎知識」や「WEBページの構造解説」はもちろん、印象・配色・業種・構図・素材・パーツ別のデザイン・サンプルも充実していますし、個人的にはI/O 3000などの参考になるWEBサイトの紹介も助かりました。

この本で基礎を学んだら、「誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論」や「インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針」などでより学術的なことを学ぶのが良いでしょう。

【WEB制作】マーケティングを勉強するために読んだ本 2冊

Illustration by Freepik Storyset

【WEB広告】100%確実に売上がアップする最強の仕組み

こんなに怪しいタイトルも珍しいと思いませんか?(笑)

しかしこの本、控えめに言って、超有益な一冊。

味の素や花王といった多くの企業のWEB広告を担当し、業界屈指の実績を誇る加藤公一レオさんの著作で、「2時間50万円」というコンサル内容を包み隠さず公開したものです。

僕も読む前には「そんなの公開していいの?」って思いましたが、読んでみて納得。

稼ぐ方法ってシンプルで、問題はそれを実行できるかどうかがポイントなんです。

要は、ここに答えを書いたところで、多くの人は読まないし、読んでも実行しないので、実行するだけで成功に近づけるというわけですね。

この本で学べる「答え」は以下のとおりです。

▶儲かる仕組みとは?

▶WEB広告におけるクリック率の上げ方

▶コンバージョン率の上げ方

▶アップセル率の上げ方

▶口コミ率の上げ方

▶レスポンス率の上げ方

▶引上率・リピート率の上げ方

また、この本の中に「コンバージョン率の高い実践的なランディングページのサンプル」のリンクが記載されていますが、これはWEB製作者を目指す僕たちにとって有益でしかありません。

この本が出版されてから5年以上が経ってますので、今でも100%すべてが通用するわけではありませんが、「商売の本質」はウィズコロナの現在でも一切変わっていません。

よって、この本から学べる知識は、あなたが働き続けるかぎり「価値ある財産」となるでしょう。

【WEBライティング】SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

WEBライティングについて学びはじめるなら、絶対にこれ。間違いありません。

僕のブログも、この本で書き方を学んで、リライトしはじめてからようやく読まれるようになりました。

何事も「型」を学ぶことは有益なのです。

この本では、SEO対策(検索エンジン最適化)を前提としたWEBライティングの技術について、かなり分かりやすい言葉で解説されています。

「なかなかしっくり来るキャッチコピーが書けない」とか「分かりやすいけどつまらない文章しか書けない」という方にとっても、明確な解決策を学べる良書といえるでしょう。

【WEB制作】営業を勉強するために読んだ本 1冊

Illustration by Freepik Storyset

【営業】質問型営業最強フレーズ50

「営業の最大の武器は、質問」

そう言いきる著者による、営業トークの解説本です。

どんなに技術を磨いても、仕事を勝ち取れなければ1円にもなりませんよね?

僕もまさにそんな悩みにぶち当たっていた時期がありましたが、その頃にこの本と出会い、多くの気づきを得たのでした。

僕が大切にしてる本書の名言を一部抜粋してみましょう。

▶営業とは、営業マンの質問によって、お客さま自らに欲求やニーズを自分の言葉で話してもらい、それらを自覚してもらうこと

▶アプローチで大切なのは、営業マンが提案したい商品・サービスが、お客さまの日常の問題を解決できること、お客さまの願望を実現できることに気づいてもらうこと

▶営業の仕事は情報提供

▶売れる営業は、お客様自身とお客さまの欲求やニーズ、それらを実現するための課題に対し、常に興味・関心を持っている

▶プレゼンがうまくいく秘訣は、すぐに商品・サービスの説明をしないこと。お客様の状況・欲求・ニーズを徹底的に聞き出し、課題を見つけること

クラウドワークスにしろ、ランサーズにしろ、僕たちから何か提案するときには、常にこのスタンスを大切にすべきだと学びましたし、僕が継続案件を獲得したのはこの本を読んだあとでした。

まとめ

Illustration by Freepik Storyset

ということで、今回は『【WEB制作】僕が1000時間の独学中に読んだ本』をご紹介しました。

ちなみに、みなさんはKindleを使いますか?

僕は5年くらい愛用していますが、「Kindleじゃない方が読みやすい本もあるな」というのが正直な意見です。

個人的な判断基準はこんな感じ。

▶コーディングやデザイン関連の本 → 一覧性の高い「紙媒体」

▶WEBライティング関連やビジネス本 → 検索性の高い「Kindle」

▶学術的で難しい内容の本 → 聴覚から学べる「Audible」

新聞もそうですが、紙媒体は一覧性の高さが抜群なので、永遠のスタンダードだと思います。

分厚い本の場合は、書見台に置いて読むといいですよ。

Kindleに関しては、Kindle Unlimitedで読める本を試し読みして、面白い本に出会えたらラッキー!という感じ。

Audibleなら、自力では読みきれない難しい本とでも半強制的に向き合えるので、通勤中などに非常に便利です。

いずれにしても、そのときの状況に最適な形を見極めて、読書を続けられることがいちばん大切だと思います。

それでは、また。

※独学方法に不安はありませんか?

▶自分の勉強方法に自信が持てない
▶案件は獲得したいけど、どこまで勉強すれば応募できるかわからない
▶いくら案件に応募しても採用されない

こんな悩みは独学応援サロンで解決できます!

独学応援サロンは完全無料・退会自由のオンライン・コミュニティ。

「独学はひとりでやるもんじゃない!」を合言葉に、多くの独学者とつながり、みんなで情報を共有しながら、案件獲得を実現しています。

Twitterで「#独学応援サロン」で検索いただければ、サロンメンバーの声をご覧いただけますので、よろしければご覧下さい。

また、僕からよりパーソナルなマンツーマン指導を受けたいという方には独学応援メンターをご案内しています。

どちらにつきましても、詳細はリンク先をご参考くださいませ。

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました